読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子の父です

双子を育てていくブログ

今日は動物を見てきました

最近、動物を覚えてきた息子たち!!!
動物見に行く?と聞くと「ゾウ〜」や「ガオガオ〜」(ライオンのこと)などと言います。


と、今日行ってきたのは岐阜市が運営する畜産センター公園というところです。

残念ながら動物園ではないので、ゾウさんやライオンはいません。

ですが、ここは無料で公園内に入れて、乗馬(有料)をはじめ動物や草花などの観察もできます。


8:30〜17:00まで、ということで用意出来次第出発し到着。




この写真だと、細かいところはわからないかと思いますが広さはなんとなく、わかってもらえると思います。


北側の駐車場に停め、公園や芝生の広場を横切って、動物たちの飼育場へ!!!




ついて早々、飼育員さんがこっちに話しかけてきて(孔雀が羽根を広げてるよ)と教えてくれました。


飼育小屋の格子状の柵が細かくて肉眼でも見難かったです。
近場の写真だと何が何だかなので、割愛させてもらいます。




遠くに孔雀と白烏骨鶏


この写真だと、孔雀は白烏骨鶏の左後ろのほうで何となくわかっていただけるかと。。。
実際、羽根を広げてるのを見たのは初めてだったので感動しました。
ちなみに少し調べてみると春から夏にかけての繁殖期にオスがメスにアピールする為に羽根を広げるそうです。



名古屋コーチン


ミニチュアホースは鳴き声を(ヒヒヒヒーン)と何度も聞かせてくれました。
ウチの子も、話しかけてました(笑)


豚は寝てばかりで一匹だけ、泥水を飲んでるところを見せてくれました。
匂いも勉強のうち?かな。


その他に


気に入った動物のところでは、何度も見に戻ったりして、息子たち2人とも集中して観察してました。
連れてって良かったです。


また今日は一通り見て戻って行く10:00頃から催し物をやっていて、出店やポニーの餌やり体験などが行われていました。
家族連れの方も多かったです。
我が家は、混んでたのでそれを横目に引き返しましたが。。。



とまぁ普段でも、馬、豚、牛、トリ(烏骨鶏やアヒルなど数種類)、ヒツジ、ヤギと結構な動物たちが待っててくれるので、お子さん連れのご家族は特に楽しめますよ〜。


畜産センター公園HP
http://www.chikusan-center.com/


帰り際に畜産センター内に公園でも遊び、大満足の息子たちでした。

立場逆転

どこの子供も兄弟がいれば喧嘩はつきものだと思いますが、我が家の双子も仲良く遊び、そしてよく喧嘩もします!


少し前(数ヶ月前)は弟くんのほうが、意見が合わなかったり喧嘩をすると叩いたり、時には噛んだり(親も噛まれると結構痛いんです)してお兄ちゃんをよく泣かせてました。


お兄ちゃんは勝てないためか、あまりやり返そうともせず、たまにやり返してもすぐ仕返しされて泣くばかり。


弟くんは泣かせたあと、(勝ったどー)と言わんばかりのドヤ顔で勝ち誇る感じでした。(むやみにお兄ちゃんを叩いたりした時は、叱られて泣く事も)



ですが、最近ではその立場もすっかり逆転したようで、何かあるとお兄ちゃんのほうが手を出して(お兄ちゃんは噛んだりしません)弟くんを泣かせます。

弟くんはやり返そうともせずに、ただ泣いてママに甘えるばかりです。


そうなると、今度はお兄ちゃんがドヤ顔で悪い顔をしたりします。


いつ、立場が逆転して弟くんも手を出さなくなったか、サッパリ検討もつきません。
もしかしたらですが、きっかけは保育園で喧嘩してお兄ちゃんが勝ったのかもしれませんね。



普段はちゃんと仲が良いです。

弟くんの変な癖!!!

ヘソ!

それは、体の中心の穴の事である。


その、ヘソを触るのが大好きな弟くん。。。


夜、寝かしつける時は妻のヘソを触りながら眠りに落ちていきます。


いつからなのか妻に聞いてみると、去年の断乳を始めた頃からだとの事!!!



今、思うとその頃ぐらいから(今でもたまにやってる事ですが)お風呂場などで、私のヘソや乳首が気になると、触ってきてたので動物の鳴き声で、返事をしていました。


どういうことかというと、

ヘソを触られると、犬の鳴き声(ワンワンワン)
右乳首を触られると、猫の鳴き声(ニャーニャー)
左乳首を触られると、牛の鳴き声(モーーーー、モーー)


という、具合に遊んでいました。
ゲラゲラ笑ってくれます。
(なんか、書き起こしてみると何をやってんだって感じですが。。。)


すると、風呂場からあがった後などでも触ってくるようになっていきました。
それが、きっかけで断乳という時期に、代わりとして安心出来るものが、弟くんにとってヘソだったのではないかと、そう思います。


もちろん、双子のお兄ちゃんも一緒になってやってたのですが、いつの間にか妻のヘソを触りながらじゃないと眠れなくなってしまったのは弟くんのみ。
弟くんが夜泣きなどすると、妻も(おヘソ、ここだよ)と言っているのを聞くと笑ってしまいます。

リビングでも、笑顔でヘソを触ってるのを少し遠くから見ると変態にしか見えない時があります(笑)
そして、そんな時に試しに私のヘソも届く位置に出すと、両手で妻と私のヘソを触りさらに笑顔になります(ホントに何やってるんですかね。。。)


とまぁ、ヘソをこよなく愛する双子の弟くんですが、このまま大人にならないでほしいと思う私達夫婦でございました。

自転車の練習

昨日、今日とお昼寝後の夕方は自転車の練習をしました!!!
一度しかのせてなかったので久しぶりになります。
まだ、2歳半ほどなのでまだまだこれからという感じ。

ちなみに、少しネットで調べると4〜5歳ぐらいから(早くても3歳ぐらいみたい)自転車を練習させるのが多いとの事です!!!
お義母さんの勧めもあって買ってもらったので、せっかくだから練習です。

息子たち2人とも、チリンチリンと言って気に入っているので、興味があるうちにチャレンジさせたい親心もあります(笑)


いざ、後ろから押して近場の公園まで。


装備はこんな感じ!



写真だと、こいでる感じは出てますがペダルに足を乗っけてるだけです。


ヘルメットは大好きなトーマス仕様になってます。


妻と1人ずつペダルをこがせる為に、足を持ってペダルを回す練習です。
なかなか上手くいきません。

少しずつでも、出来ればそのうち自分でこぎ始めるはずです(多分)


多少、練習をすると子どもなのですぐ飽きてしまします!

近くに線路があるので、大好きな電車が通るのに夢中になる2人。



他に散歩などして、また自転車を背後から押してあげて帰りました!!!


こげるようになるのは、いつになるか楽しみです(笑)

上には上が (三つ子ちゃんだったら育てられた???)

最近になって少なくなりましたが、妻は子供達が1歳に満たない頃、よく買い物先で同じように双子ちゃんがいると、親御さんに話しかけて情報交換などしてました。


双子ちゃんの親同士は同じ境遇でお互い大変なこともあって、すれ違うだけでも仲間意識みたいなものがあると思います。(すれ違い様に会釈する事も)


それと、双子だとよく話しかけられやすいので、双子の親御さんは話しかけられるのには慣れています。
うちの息子たちも赤ちゃんの頃は買い物に行くと必ずと言っていいほど、2〜3人の方から

(双子ちゃんですか?)

と話かけられました。今でも声はかけられますが、少し減ったように感じます。
(赤ちゃんだと双子とか関係なく話しかけられやすくなるように思います)




ある時、オモチャ屋さんで双子用のベビーカーを押しているお母さんがいたので、いつものように妻が


(双子ちゃんですか?)


と声をかけると、


(三つ子です!!!)


と言われ後ろからお父さんがもう1人の子供を抱っこして登場!!!
私へ3つ子ちゃんのお父さんが、


(大変なのわかります!!!)


と、おっしゃっていかれました・・・


イヤイヤお父さん、三つ子ちゃんに比べたら我が家はまだまだ楽なほうですよ。

三つ子ちゃん、育てるって普通に手が足りないですって!

私からしたら

大変なのわかりません!!!

って、なっちゃいますし・・・

しかも、余裕がある感じでステキなスマイルでした。


父として完敗です。。。


私には、絶対無理だなぁと思いました。。。




しかも、子供の三つ子ちゃんからみても大変ですよね!甘える時はママの取り合い、遊ぶ時はパパの取り合いもライバルが多いわけですから(苦笑)



我が家の双子ちゃんも、お互い良きライバル?として、取り合いもありますが頑張ってスクスク育ってくれてるので、私も三つ子ちゃんのお父さんにちょっとでも近づけるように頑張りたいと思います。

今日はイチゴ狩りを満喫のはずが

今日は朝からイチゴ狩りに行ってきました!


双子の弟くんは大のイチゴ好き、最近毎日朝ごはんのかわりに食べるぐらいです!お陰様で我が家のエンゲル係数は上がる一方です(汗)

お兄ちゃんは、そこそこ食べるぐらいです。

朝ごはんは普通に息子たち2人ともパンを少々食べたぐらいで、いつもならもう少し食べさせたいと思うところですが、このあとイチゴをたくさん食べるからという事で、OKに!!!


支度を済ませ、いざ出発。
小一時間ほどで本巣市つみつみイチゴファーム(9:00〜16:00、月曜休み)に到着!
予約制らしく、実は先週、先々週と予約を試みるも団体客などで、なかなか予約とれずにやっと今日これました。
待っただけあって、家族みんな楽しみにしてました(笑)
さすがに人気があるのか、駐車場には家族連れが結構います。


早速、受付へ!
大人は1人1600円(通常1700園で時期的に?安かったようです。)で、3歳から有料なので息子たちは無料で入れる事に!

案内のお兄さんから、練乳入れを受け取り子供もいるので、多めに練乳を入れてくれました(嬉)


イチゴ狩りをするビニールハウスに到着。



案内のお姉さんからイチゴのとり方をレクチャーされます!
まっすぐ、引っ張っても上手くとれないので、イチゴを持って左右に傾けると、ヘタの上の部分がキレイに取れるとの事!!!

いざ、30分食べ放題の勝負です(笑)
妻は元を取る気マンマンです。

取り方を理解したのかしてないのか、自分が思ったように採って行く息子たち(汗)



とても大きくて甘くて美味しいイチゴ!
岐阜県、特産の濃姫苺だそうです。

開始5分ぐらいは、大きくて甘そうなイチゴを狙って家族全員、美味しくいただいてました・・・が、食べるのもそこそこに走り回り始める息子たち。。。

イチゴの下の部分をくぐって、違う通路に行ったりきたり。



2人で遊んで、どんどんテンション上がって大変な事に!!!

開始10分ほどで、妻と私は疲れ果て退散する事を決定。
練乳もまだ半分残ってるのに(汗)

元を取るなんて夢のまた夢でした(笑)



まぁ、いい経験になったという事で今回は納得しておこうと思います。


つみつみイチゴファーム
http://www.tumitumi.com

家族が増えてから、少しずつ深まる絆

はじめての子が生まれて育てて行く過程で、みんな親として成長していくもんなんだと思います。

2年半前に双子が産まれ、4人家族になってからちょっとずつ私自身にも親としての成長の過程?でなのか、心の変化、気持ちの変化がありました。

 

息子たちが産まれた時、可愛いくて嬉しかったのですが、それとは別に自分の子がいるという実感が夢のようで、親としての自覚が出来てなかったように思えます!今思うと無責任に感じますね(汗)

気持ちがフワフワしてるような感覚です!

 

北海道に里帰り出産だったので、私も仕事を休んで帰省していました。仕事もあるので産まれて数日ですぐに戻る事に。

その数日間でも、抱っこしたり過ごして命の誕生の過ごさを感じれた数日だったと思います。

 

f:id:futagopapa:20170421001936p:image

 

それから、2ヶ月ほどして妻と子供達を迎えに行く事に。その2ヶ月間は1人暮らしで毎日電話や写真を送ってもらってましたが、自分が親としての実感がその頃は薄かったように思えます。

 

いざ、家族で我が家に戻ってくる事に。

実家を離れ頼れる人もいない事を考えると妻は不安に感じてました。

そんな妻を見てると自分がしっかりしなきゃと、その時しっかり親として頑張らなきゃいけないと責任を感じました。

それと同時に、やっと自分が育てる事に参加出来る喜びもあったと思います。

(実際、妻の実家のほうで面倒をみてもらい大変有り難かったのですが、その反面、産まれて間もない期間を自分が育てる事に参加出来てなかったのが、少し寂しくも思ってました)

 

そうして、妻とは不安もありながら試行錯誤もしながら息子たちを育ててきました。

自分自身や妻も子供の事で、笑ったり怒ったり感動したり過ごす中でみんな家族になって行くのではないかなと思います。

 

生まれた時はフワフワしてた気持ちも、6ヶ月、6ヶ月の時より1歳、1歳の時より2歳、2歳の時より今が一番、愛情が深いように思います。

そうやって、家族の絆を深めて行くんだと実感中でございます!!!